福岡のフリーウエディングプランナーhokuleaです*
「 結婚が決まって何から始めたらいいかわからない」
「情報誌を見てもピンと来なくて...」
そんな風に思っている方に...。
式場に専属していない新郎新婦様専属のウエディングプランナーとして、おふたりの理想の結婚式をお手伝いいたします。

福岡レストランGARB LEAVESでカジュアルウエディング

福岡レストランGARB LEAVESでカジュアルウエディング

福岡・博多駅近くにオープンした「GARB LEAVESーガーブリーブスー」こんな素敵なレストランを、このたび、hokuleaは結婚式のプロデュースをご希望の方にご紹介させていただけることになりました。
結婚式で本当に大切なこと

結婚式で本当に大切なこと

結婚式でほんとうにたいせつなことってなんでしょう。『列席経験が多いゲストがほとんどだから、誰も見たことないようなサプライズをしよう』『でも、なんだか大変..それって本当に必要なの??』もし、結婚式で何をたいせつにすればいいか、ちょっとだけつまづいているとしたら、そんなふうにプレッシャーを感じる必要はないですよーって伝えたいです。結婚式でたいせつなことはとってもシンプル。
再婚する方へ

再婚する方へ

再婚で結婚式をするかどうか悩んでいる方が結婚式をすることを踏み出せない理由として、「結婚式はとても純粋で、本来一生に一度しかない思っている自分がいるから、2回目の自分は結婚式を挙げる価値がない」そうおもっていることを知りました。でも、そんなこと決してないです。また人生を歩んでいきたいと思える人と出逢えたことは、幸せなこと。周りの方もこれからもっと幸せになるあなたを応援したいと願っているはずです。その応援の場が、結婚式。
お日様の下でのウエディング

お日様の下でのウエディング

3月のハレの日。春のお日様の下でやさしくてあったかい結婚式が行われました**
Latest entries
木婚式*変わらないもの

木婚式*変わらないもの

「早いものであの日から5年。私たちも木婚式を迎えました。私たちの結婚式の日に、父と母の銀婚式のお祝いをしたのが昨日のことのようです」昨日、こんな嬉しいご報告のメールをいただきました。あの頃のおふたりの“かけあい”を思いだしては、おふたりにとってこの5年間は、どんな5年間だったのだろう。きっと、おふたりのことだから、“想い合える関係”は変わらないのだろうな、そんなことを想像して、ひとりでにんまり。こんな瞬間が幸せに感じるひとときです。
福岡レストランGARB LEAVESでカジュアルウエディング

福岡レストランGARB LEAVESでカジュアルウエディング

福岡・博多駅近くにオープンした「GARB LEAVESーガーブリーブスー」こんな素敵なレストランを、このたび、hokuleaは結婚式のプロデュースをご希望の方にご紹介させていただけることになりました。ご自分たちのことよりも、大切なゲストの方々のことを一番に想い、 ゲストに楽しんでもらうことで、感謝の気持ちを伝え、これからの絆を深めたいーそんなおふたりにぴったりです
結婚式で本当に大切なこと

結婚式で本当に大切なこと

結婚式でほんとうにたいせつなことってなんでしょう。『列席経験が多いゲストがほとんどだから、誰も見たことないようなサプライズをしよう』『でも、なんだか大変..それって本当に必要なの??』もし、結婚式で何をたいせつにすればいいか、ちょっとだけつまづいているとしたら、そんなふうにプレッシャーを感じる必要はないですよーって伝えたいです。結婚式でたいせつなことはとってもシンプル。
ご自宅での祝言式*福岡糸島

ご自宅での祝言式*福岡糸島

『祝言式』日本で一番古い結婚式のかたちです。 祝言式はおふたりが紡いできたものがこれまでを深く感じることができる気がします。 福岡の糸島で生まれ育った新婦様。 小さい頃からの想い出がぎゅっと詰まったご自宅で、祝言を挙げられました。 成長を見守ってくれた大切な家族、親族、近所のおじちゃんおばちゃんに囲まれて。
親族だけの結婚式。とっておきの過ごし方

親族だけの結婚式。とっておきの過ごし方

「結婚式という程、堅苦しくて大げさなものではなくて、 美味しいお食事を囲んでゆっくりお話をしたい。 でも、せっかく来ていただくゲストにとって、食事と会話だけだと味気ないかな。。」 そのような方にアドバイスさせていただいていることをご紹介したいとおもいます。 ブログを読んでくださっていて同じように食事会を検討している方のヒントになれば嬉しくおもいます。
母と息子。結婚式の魔法

母と息子。結婚式の魔法

「あの子と手をつないだのなんて何年ぶりかしら、ドキドキしちゃったわ!!」ゲストのあたたかい拍手に包まれて、息子と手をつないで、恥ずかしそうに顔を赤らめて披露宴会場を歩いてきたご新郎のお母様はロビーでこうおっしゃいました。“母親”にとって“息子”と手をつなぐことって特別嬉しいことなんだろうなーとおもいます。息子にとっても、普段は恥ずかしくて手をつなぐなんてできないけど、“結婚式”だから、素直になれる。「今まで育ててくれてありがとう」言葉にしなくても、つないだ手からちゃんと、お母さんに伝わっています。
福岡ならではの結婚式「熨斗出しの儀」

福岡ならではの結婚式「熨斗出しの儀」

結婚式には、その土地で代々受け継がれてきた風習があります。福岡の結婚の儀では”お熨斗出しの儀”。熨斗出しの儀とは、福岡博多地方で古くから伝わる伝統。元々は、結納時に、熨斗箱に白紙をしき鰹節をのせたものを、お嫁さんが使人に出すことを「熨斗出しの儀」といったそうです。結婚式で行うお熨斗出しの儀にはこんな想いが込められています。
ミモザの日

ミモザの日

3月8日はミモザの日。イタリアでは、男性が女性に日頃の感謝の気持ちを込めてミモザを贈るのだそう。愛らしい小粒のお花のミモザは結婚式のアイテムとしても大人気です。ウエディングブーケ・ブートニアやゲストのテーブルに飾るお花として。招待状に添えても。結婚式で、ミモザの花言葉に想いを乗せて大切な人やお世話になっている方へ気持ちを届けてみてはいかがでしょうか。
レストランウエディングにぴったりのウエディングドレス

レストランウエディングにぴったりのウエディングドレス

福岡天神にあるTAKAMI BRIDAL 福岡さんにドレス下見のため、お邪魔してきました。ご提案してくださったコットンレース素材の一着。これからの季節..春のやわらかいお日様の中で、お庭付きの一軒家小さなレストランウエディングにぴったり。新婦さまの雰囲気や、ご希望、そしておふたりの選ばれた場所、どんな一日をゲストに過ごしてほしいかという想い...すべてがぴったりはまりますね!と新婦さまと目を合わせた瞬間がわたしは大好きです。
ダイニングテーブルをDIY

ダイニングテーブルをDIY

我が家のリビングを、お友達や仕事仲間や、お客様を呼んで食卓を囲める空間にしたくて、今より、少し広めのダイニングテーブルを作りました。これまで、新郎新婦様と一緒に、結婚式場に設置するフォトスポットグッズや、ウェルカムスペースグッズ、リングプロ―などをDIYしたことは何度かありますが、、ダイニングテーブルのような大掛かりなDIYは初めて...|д゚)
おばあちゃんのための結婚式

おばあちゃんのための結婚式

「おばあちゃんの為に結婚式しようかな」もともと目立ちたくないのと、彼が再婚ということもあって結婚式をするつもりはなかった彼女。地元で離れて暮らすおばあちゃんに結婚することを報告にいったら、泣いて喜んでくれたおばあちゃん。花嫁姿を誰よりも楽しみにしてくれていたおばあちゃんの為に結婚式をしようかな。そう勇気を出して一歩前に進むことができた新婦様。おばあちゃんと新婦様がお互いに想い合う姿にあたたかい気持ちになりました。
たまたま立ち寄った場所での素敵な出逢い

たまたま立ち寄った場所での素敵な出逢い

先日たまたま立ち寄ったAMUに期間限定でAURAさんがいらしていましたジュエリーを置いてあるセレクトショップさんなのに、ジュエリーが置かれていたテーブルをどちらで購入されたか聞いた私。そんな失礼な私に快く丁寧に教えてくださいました。自分が持っているものを惜しみなく与えてくださる。素敵な方と出逢うことができました。 ほしい情報をもらえたことよりも、こうして、素敵な方と出逢い、あたたかい気持ちにしていただけたことそれがなにより、うれしかった。しあわせだなぁ。